飲みやすい

葉の上のサプリ

青汁は九州地方で飲まれ始めたと言われています。健康に関心を持つ人々の間で青汁が浸透し始め、全国的に多くの人々に知られるようになったのはバラエティ番組やクイズ番組などで罰ゲームに青汁が利用されたことがきっかけとなりました。当初はまずいことで有名となりましたが、最近では飲みやすいものが多く販売されています。青汁にはケールなどが原料としてよく使われています。ケールとは地中海沿岸を原産とするキャベツなどの原種で、2000年以上前から存在していたようです。日本へは18世紀にオランダから伝えられたと言われています。ケールが食べられ始めたのは戦後で、栄養価が高いために病院や学校の給食で利用されるようになりました。

当初は飲みにくかった青汁ですが、最近では改良が重ねられおいしい青汁が手に入るようになりました。また青汁の原料としてよく使われているケールには、ルテインやベータカロテンが豊富である他、カルシウムやメラトニン、ビタミンCや食物繊維なども多く含まれています。これらの成分は目や皮膚を健康にしたり、睡眠を促したりストレスをやわらげる効果などがあります。また生活習慣病を予防したり、アンチエイジングにも効果的です。このようにケールの青汁は様々な点で幅広い効果があります。またこの効果はテレビのコマーシャルなどを通してより多くの人々に知られるようになりました。改良されて飲みやすくなったこともあり、これからはさらに私たちの生活に深く浸透していくのではないでしょうか。